HOME > イベント・刊行物 > 刊行物

ガイドマニュアル・教本

お申込方法:代金を銀行振り込みいただいた後に、所定の申込書(PDF:120KB)を(公社)日本山岳ガイド協会へお送りください。入金確認後に送付いたします。
    三菱東京UFJ銀行 四谷支店 普通口座1119029 名義:公益社団法人日本山岳ガイド協会
協会会員の方には特別価格で提供しております。会員ページでご確認下さい。
※正誤表がありますので、こちらも必ずご参照ください。

【頒布品一覧】

■ガイドマニュアル【山岳ガイド編】
 価格 1冊・・・3,000円(送料込み)
目 次
はじめに
第1章 ガイド資格とガイド職能
 ガイドの業務と資質
 ガイドの資格と職能範囲
 ガイドに必要な登山経験
第2章 山岳ガイドの技術
 プランニングとガイディング
 ガイドに必要な装備
 ロープワークの知識
 確保理論識
 特殊な下降技術
 ショートローピング
タイトローピング
固定ロープの設置と利用
スポーツクライミングの指導技術
アイスクライミングの指導技術
第3章 自然を読み解く技術
 読図の知識と技術
 GPS
 雪崩についての知識
 気象と観天望気
 自然観察、自然解説の技術
第4章 ガイド業務における倫理と規定
 ガイド倫理とマナー 
 ガイド対顧客人数比 実技検定試験内容
 ガイド業務に関連する法令
 エコツーリズムに関連する法令




■ガイドの基礎的知識教本 改訂版
 価格 1冊・・・3,000円(送料込み)
目 次
はじめに
序章 めざせ!自然ガイド・登山ガイド
第1章 基礎的知識
 自然環境保全に関する知識
 宇宙と地球の基礎的知識
 気象の基礎的知識
 生物の基礎的知識
 地形と地質の基礎的知識
 スポーツ科学の基礎知識
 農山村の歴史、民俗、経済に関する基礎知識
 山地、里地・里山に関する基礎知識
 森林・林業に関する基礎知識

第2章 ガイド業務に関する法律
 ガイドが持つ倫理観
 ガイド業務に関する法律
 エコツーリズムに関連する法律
第3章 自然解説技術基礎
 自然解説技術の必要性
 自然解説の基本技術
 基本的な解説の展開技術
 タイプ別解説方法の技術
 まとめ

参考文献
■自然・登山ガイドの専門的知識教本
 価格 1冊・・・3,000円(送料込み)
目 次
はじめに
第1章 ルートガイディングに関する知識
 山の天気を判断する知識
 地形の読み方と読図の知識と技術
 無積雪期におけるルートガイディング
 積雪期におけるルートガイディング
 自然観察と解説の基礎的知識と観点
 自然体験ツアーの実施
 自然解説技術

第2章 ガイドに必要なロープ技術
 ロープの結び方
 ロープの固定
 自然・登山ガイドのためのセイフティ・ロープ技術
 ロープを使った引き降ろし技術
 ロープを使った引き上げ技術 

第3章 ガイドの安全管理技術
 安全管理
 危険の予測と認知
 登山における健康管理
 危急時の対応技術
 応急処置の基礎知識
 搬出・搬送技術
 不時露営技術
 リスクアセスメントの導入
 山岳事故の分析


第4章 雪山の安全管理技術
 雪山の危険要素とは
 積雪期・残雪期の気象に関する知識
 雪崩に関する知識
 積雪期(残雪期を含む)特有の傷病
 計画の立案(冬山装備について・
      行動時間・体力・気象条件)
 危急時対応
 


第5章 コミュニケーションの技術
 ガイドに必要なコミュニケーションスキル
 ガイドに必要なサービス・ホスピタリティ
 ガイドに必要なビジネス・スキル
 


第6章 ガイド業務とは
 ガイドに必要な経験と技能・技術
 ガイド資格と業務形態
■山のファーストエイド教本
 価格 1冊・・・3,000円(送料込み)

目 次
はじめに
ファーストエイドの順序

第1章 ファーストエイドの目的
第2章 基本的な傷病者の評価の方法
 
ファーストエイドの手順
 傷病者の評価のより詳しい解説
 バイタルサインの確認
 ショック
 傷病の重症度と緊急度
第3章 心肺蘇生法CPR

 ファーストエイドの開始
 呼吸停止と心肺停止
 出血
 意識障害
 人工呼吸
 AEDの使い方
 目で疑わしい外傷と病態
第4章 局所の観察と治療
 出血
 頭頸部外傷
第5章 頸椎損傷の処置
第6章 外傷
 胸部外傷
 腹部外傷
 多発性外傷

第7章 骨折
 骨折の症状
 開放性骨折
 骨折の固定
 高齢者の三大骨折
第8章 山で起こる病気、怪我とその処置
 捻挫
 脱臼
 膝の靱帯損傷、半月板損傷
 高山病
 凍傷
 低体温症
 内科的緊急な病気
 腹痛、腰痛
 鼻出血
 こむら返り
 雪目
 熱中症
 熱傷
 毒蛇咬傷と蜂さされ
 突き指
 爪下血腫
 まめ
 包帯と三角巾
 異物を除去する
第9章 ガイドの心のケア
参考文献
 
■雪の安全管理・雪崩対策技術教本
 価格 1冊・・・3,000円(送料込み)

目 次
はじめに

第1章 雪崩の形態
 点発生雪崩
 面発生雪崩
 雪崩の分類
 雪崩の発生
 面発生雪崩の構成要素
 面発生雪崩の誘発の仕組み
 雪崩の運動
 雪崩の速度
第2章 雪崩地形
 雪崩道
 発生区の特徴
 走路区の特徴
 堆積区の特徴
 雪崩道の識別
 その他の要素
第3章 山岳の積雪
 
雪の形成
 積雪の特性 
 雪の変態
 積雪の強度
 その他の特性
第4章 証拠とデータの収集
 
直接証拠
 積雪要素
 気象要素
 証拠の強さと重さ
第5章 雪崩ハザード評価とリスク
 
ハザードとリスク
 雪崩ハザード評価の概念
 留意すべき雪崩
 スケール区分
 空間分布
 誘発感度
 誘発の可能性
 信頼度の区分
第6章 安全原則とフィールドでの移動
 
プレシーズン標準業務手順
 雪崩地形における安全原則
第7章 雪崩捜索救助
 
優先事項1-安全・分析・組織化
 優先事項2-捜索/目視とビーコンによる 捜索
 優先事項3-救出/掘り出し、犠牲者のケ ア、応急処置、搬出
 優先事項4-動員解除
 優先事項5-総括
 緊急時対応計画
あとがき
奥付
 
■百万人の山と自然「講座 登山 基礎」 増補改訂版
 価格 1冊・・・1,512円(送料込み)

目 次

第1章 山登りを始めるために

第2章 山登りの計画と立案

第3章 山の歩き方

第4章 地図を読む
第5章 天気を読む

第6章 季節の山々を楽しもう

第7章 雪山に登る

第8章 安全登山のために


カラー132ページ