ガイドマニュアル トムラウシ山遭難事故調査報告書

お知らせ(最新情報)

※過去にお知らせした内容にも重要なものが含まれております。こちらをご参照ください。

【住居表示変更のお知らせ】
このたび、住居表示の実施に伴い、日本山岳ガイド協会の住所が
平成30年8月13日(月)より
下記の通り変更になります。(※住居表示に関する法律第3条第1項及び第2項の規定に基づき変更)

・実施前 東京都新宿区三栄町18番地 丸藤ビル2階
・実施後 東京都新宿区四谷三栄町6番9号 丸藤ビル2階
※郵便番号、電話番号等は変更はございません。

大変お手数をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願いいたします。


当会では、経済産業省が推進している「プレミアムフライデー」の主旨に賛同し、この度、実施させて頂くことになりましたので、ご案内致します。
毎月月末金曜日は15時までの業務となります。ご理解賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

2018.08.29 職能別資格検定二次試験 安全管理検定(9/29-30比良開催)は、定員に達したため本日で
          締め切りとさせて頂きます。

2018.08.28 職能別資格検定二次試験 安全管理検定(9/29-30志賀高原開催)は、定員に達したため本日で
          締め切りとさせて頂きます。

2018.07.30 職能別資格検定二次試験 危急時対応技術講習会(8/30-31小諸開催)は、定員に達したため
          本日で締め切りとさせて頂きます。

2018.06.08 平成30年度職能別資格検定試験の案内を更新しました。
          インドアクライミング・インストラクター、スポーツクライミング・インストラクター、フリークライミング・
          インストラクターの資格検定試験の申込みを開始しました。

2018.05.11 平成30年度「百万人のための山と自然 安全のための知識と技術 公開講座」
          今年度の公開講座開の催日程をご確認頂けます。
          たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。
          

2018.03.15 平成30年度資格試験対応講習会の開催要項を掲載しました。

2018.03.15 自然ガイド・登山ガイド養成連続講座の開催要項を掲載しました。
                     

2018.03.01 平成30年度職能別資格検定試験の案内を更新しました。
          国際山岳ガイド、山岳ガイド、登山ガイド、自然ガイドの資格検定試験の申込みを開始しました。

2018.02.01 平成30年度の職能別資格検定一次試験日程が決まりました。
          受験要項などの詳細は順次ご案内予定です。

          筆記試験(共通)
          日 程  第一回目 平成30年 6月17日(日) 東京・大阪
                第二回目 平成30年11月 6日(火) 東京・大阪
          
          書類審査
          国際山岳ガイド、山岳ガイドステージⅠ・Ⅱ、登山ガイドステージⅢ
          日 程  平成30年 4月 2日(月)
                書類提出締め切り日: 3月19日(月)必着
          フリークライミングインストラクター
          日 程  平成30年 8月20日(月)
                書類提出締め切り日: 8月 6日(月)必着

          基礎体力・基礎技術試験(山岳ガイドステージⅠ)
          日 程  平成30年 5月16日(水)~17日(木)

          適性審査(フリークライミングインストラクター)
          日 程  平成30年10月 8日(月)~ 9日(火)


コンテンツ

 

 

国際山岳ガイド連盟と当協会の位置づけ

公益社団法人日本山岳ガイド協会は国際山岳ガイド連盟に加盟しており、国際山岳ガイドを認定できる日本での唯一の機関です。

国際山岳ガイド連盟とは、1965年、スイスのツェルマットにおいてイタリア、スイス、フランスとオーストリアの山岳ガイド協会代表者の会議が開かれ設立された機関で、1966年、最初の規約が制定されています。以下のような目的を持ち活動しています。


--国際山岳ガイド連盟の目的--

・ 山岳ガイドの責任について国家機関との関係強化。
・ 山岳ガイドの位置付けの統一化。
・ 国際ライセンスカードの発行を通じ、それを所持する山岳ガイドの業務円滑化。
・ 山岳ガイドの養成方法の統一化。
・ 加盟国と第三者間、あるいは加盟国同士の争議の相談機構。
・ 職業人としての山岳ガイドに影響を与える一般社会および経済的な事柄の学習。
・ 世界中の山岳ガイドとの親密な友情と情報交換の促進。